リサイクルで育てよう、物を大事に使うココロ

切符のリサイクル

この記事をシェアする

これ新聞紙で出来てるの?

最近海外で生まれたあるサングラス。
このサングラスの原料は、なんと新聞紙なのです。
もちろん新聞紙が使われているのは、サングラスのフレーム部分なのですが。
このフレーム、一見、紙で出来ているとは思えないフレームです。
新聞紙を圧縮し、木のような状態にしてから削って作られているので、紙という感じがまるでしないサングラスフレームなのです。
フレームに加工する前にコーティングされているので、新聞のインクが手につくなんてこともありません。
これに普通の度入りのメガネレンズを入れることも可能だそうです。
まだ日本では売られていないので、海外のサイトから購入するしかありませんが、近いうちに日本でも売られる日が来るかもしれません。

これもリサイクルしてるの?

以前はよくみかけた財布の中のくしゃくしゃのお札ですが、最近はあまりみかけなくなったように思われます。
日本銀行で発行されたお札は、たくさんの人の手を通して人から人へと渡っていきます。
そして、また銀行に戻ってきます。
銀行に戻ってきた時に、汚れていたり、少し破損していたり、くしゃくしゃになっているものは、回収されます。
その回収されたお札は、ダンボールへと生まれ変わります。
耐熱効果がある外壁に使われることもあります。
ちなみに硬貨は、劣化が遅いので長年使用できますし、古くなっても溶かして新たな硬貨になりますが、一部、十円玉は銅から出来ているので、銅像になったり、百円や五十円硬貨は、ヘリコプターなどのプロペラ部分に使われる事もあります。