サイズや色が合わなくなって

サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。その整理に困っている人は少なくないでしょう。ただ、近頃また和服ブームで、専門買取業者が増えているのをご存知ですか。しまい込んでいた高価な着物でも、どこかで誰かが活用してくれると思うと嬉しいですね。業者の多くは無料で査定しますし、宅配便も利用できるなど昔よりだいぶ便利になっています。それに、丁寧に保管していたものは意外と高額査定が受けられる可能性もあります。もう着ない着物も、買取で高値がつけば片付けもでき、お金にもなってありがたいですよね。新品に近い見た目であれば、高く買い取ってもらえる期待も持てます。加えて人気の柄だったり、素材が良かったり、ブランド品だったりすると思いがけない高値で売れることもあります。反物で、仕立てていないものも買い取ってくれるところがほとんどです。反物一本だけでも、査定が無料なら、気軽に受けてみましょう。
買取のとき、着物と一緒に持って行き、証紙を一緒に見せられるようにしてください。証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで一定の基準を満たした製品であることを証明するために発行している登録商標のしるしです。この証紙を捨てる方や所在不明という方も実際にいますがないと自分が損をすると思いますので査定までに見つけておいてください。
要らなくなった着物を処分するとき、一番気になるのは買取価格でしょう。貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。しかし中古品といっても和服の場合は、紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、例を挙げるのが困難な商品です。例えば同じ種類・状態の着物なら、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。街の古着屋ではわかりません。価値のわかる専門業者に査定を依頼するほうが高値になるのは確実です。

友人の祖母が亡くなり、形見分けして着物をもらったのですが専門の業者で、こういう着物を買い取ってくれるところはないかけっこう悩んでいました。素人が見てわかるくらいの傷みもあるので、買い取りできないこともあるのかなという悩みもあるようです。ちょっと考えても、業者は買い取ったものが売れないと困るわけだし、明らかなすれや傷みのある品は売れないと思います。そんな話をすると、友達は業者に見せるのを止めて、他の方法を探しています。
初めての子供が生まれ、お宮参りに着物を新調しました。小物類はともかく、着物本体はレンタルにしたかったのですが義母は、着物を新調するのが当然と圧力をかけてきました。その後、着物の手入れは本当に難しいと痛感しています。どうせ買うならと、材質も良く、柄も美しい着物を購入したので美しさを保つために、季節ごとの手入れは欠かせませんよね。でも、一枚の着物のために桐箪笥を買うとしてもどこに置くのかという問題があります。これから七五三で着れば十分でしょう。新しいうちに買い取ってもらう方がいいんじゃないかと思っています。

祖母が遺した着物があったので着物買取専門のお店に持って行きました。おそらくほとんど着ることはない着物で、このまま日の目を見る機会がないのも祖母の本意ではないでしょうし、誰かが大事に着てくれれば、祖母も喜ぶだろうということになったからです。価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、どの業者も同じで、全部まとめての価格を提示されました。最終的に、条件もよく、満足できる価格をつけた業者に引き取ってもらいました。

着物を処分したい。できれば買取を利用してお金に換えたい。でも自分が持っている着物が、いくらで売れるのかわからなくて不安。そう思うのは当然です。着物の種類は振袖、留袖、訪問着など細かく分かれています。さらに素材、技法など、価値を決める要素はたくさんあります。プロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。けれども、有名作家の作品や、誰でも知っているブランドの着物ならば、高値で売れる可能性があります。現代の作家の作品や、最近織られたブランド品はサイズが大きいものが多く、着たい人が多いため高値で転売できる可能性があるからです。
量的に無理でなければ、着物買取はお店に持ち込むのが納得できる取引のコツのように思います。自宅に上げる必要がないので、査定額に納得がいかない場合は、断ることも気兼ねなくできます。なにより対面式ですから、価格を交渉することもできます。また、量が多いのなら、少量をお店に持ち込んで査定してもらって、信頼できそうな業者さんに家に来てもらえば良いのです。
着なくなった着物の処分は難しく、困っている方も時々見かけます。着ていた人のことを考えれば捨てたくないですし、買ってくれる人がいれば売りたいですね。さて、着物の買取専門店で実績のあるところはいくつかありますが、まずは友禅市場に問い合わせてください。査定はもちろん無料、送料も無料なので安心です。見積りだけの利用もできます。着物の買取専門店を利用したことがない方も、まずはこの店のホームページをのぞいてみてください。

参考サイト:着物 査定 相場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です